CleverPDF

3.0.0

CleverPDFはPDFファイルで作業するための20を超える機能を提供するツールで様々なフォーマット間での二方向変換機能も含まれています

PDFフォーマットは1993年にAdobeによって開発されデジタルドキュメントの保存フォーマットとしてどのようなソフトウェアやハードウェアプラットフォームからでも読むことができるように開発されました。最終的に2008年にISOスタンダードとして選ばれ現在では世界中でポータブルドキュメントの作成のために使用されています。

PDFドキュメントで作業するための完璧なソフトウェア

なので間違いなくこのタイプのドキュメントで様々な作業を行うことが可能なツールを所有していることは大きな利点であり、その作成から変換、そしてプロテクションまで可能なツールが求められます。あなたもそのようなツールを探していますか?ならこれ以上探すのはやめてCleverPDFを試しましょう。これはあなたが必要としているPDFで作業するためのユーティリティスイートです。

このソフトウェアはこのフォーマットで作業するための20を超える機能を提供しそのすべてを簡明で使いやすいデザインのインターフェイスから提供しており一般的なタスクからより高度な多くのPDFエディターには搭載されていない機能までサポートしています。実際、その主な特徴と機能を見てみるとその高度さをすぐに理解でいます:

  • 大きなサイズのファイルに対応。
  • ドキュメントを保護したり保護解除できます。
  • ドキュメントをつなげたり分割したりページを削除できます。
  • JPG、PPTX、WordやExcelなどのフォーマットに出力変換できます。また逆の変換にも対応しておりそれらのフォーマットからPDFへ変換できます。
  • シンプルなデザイン:すべてのオプションと機能は完全にわかりやすく配置されすぐにアクセスできます。
  • プライバシーを保証。
  • Windows XPなどの古いパソコンでも機能します。
  • ロット処理にも対応しています。
  • インターネット接続は必要ありません。

すべての機能は無料で使用する事が可能ですが一部の機能ではドキュメントのページ数の制限が発生します。しかしドキュメントのページ整理やページの削除は完全に無料で使用できます。どちらにせよ他の機能(Wordへの変換、暗号化、電子透かしの追加、PDFからの画像抽出など)は少数ページのドキュメントで使用できます。またCleverPDFの使用がどれほど簡単か試してみたら、そしてどれほどよく機能するか理解したらコンプリートバージョンの購入を考えることでしょう。お金を払うだけの価値があります。

制限があるエディターやドキュメントに含まれる情報のプライバシーを危険に晒すオンラインツールなどを忘れて今すぐにこのパソコン向けの最高のPDFエディターの一つであるこのツールをを入手しましょう。

1年以上前
今年
30.1 MB

是非、ご意見をお聞かせください。

未接続

未接続